1.基本コンセプト
10年以上前から、ローコスト・ハイクォリティのコンセプト住宅を作りたいと思っていました。

自宅としても、貸家としても、2世帯住宅としても、転用が利く基本がしっかりしたコンパクトな物を作りたい。

志は高くても、地方の零細工務店が出来る物でもなく、自分にそのスキルも不足していました。

不動産投資の仕事が多い事もあり、設計・維持・管理・コストマネジメントを研究し、実証するために個人で不動産投資を始めました。
努力の甲斐あって評判も良く、工務店の仕事としても不動産投資物件の依頼が多く来るようになりました。

その中で、量的に飽和状態にある中で、不動産投資を成功させるためには質的な向上が不可欠だと実感したのです。
「自分が住みたいと思うような家を提供する」
つまり、当社の戸建賃貸は面積を除けば、限りなく注文住宅に質が近づいて行きました。

若い人達にも手が届くものになるように1000万円を目安にしていましたが、太陽光発電のメリット、エコロジー・エコノミーを信じソーラー付きで1100万円を中心にする事にしました。
ソーラー無の1000万円タイプも有ります

2015年度から九州電力等の太陽光発電への制御装置設置義務が始まりました。
生殺与奪のキーを電力会社に渡す事になります。
今後ソーラー発電はお勧めでききせん。
絶対にペイ出来ません。


申し訳ありませんが、右サイドの画像関係は修正出来なかったので、1100を1000、ソーラー付をソーラー無しで読み替えて下さい。

詳しくは次ページ以降をご覧下さい。


1 2 3 4 5 6

ハウス1000 その1


基本コンセプト